神戸星城高等学校 KOBE SEIJOH High School 一生モノの輝きを、十八才までに育む。

MENU

神戸星城高等学校 KOBE SEIJOH High School 一生モノの輝きを、十八才までに育む。

ニュース・部活動情報

君たちはめちゃくちゃツイてる!~「16歳からの起業塾」関西ニュービジネス協議会~

2018-12-18

写真は、自動的にスライド表示されます
(ドラッグしてスライドも可)

 12月17日(月)、1年生全員を対象に、関西ニュービジネス協議会から谷岡樹様を講師としてお招きし、「16歳からの起業塾」という題で1時間程度講演していただきました。

 初めに、「将来起業したい人はいるか?」と聞くと、2人ほど手が挙がり、プログラミング関連の会社をしたいという生徒がおり、びっくりさせられました。その後、起業率の多い県は「香川県」で二毛作ができるから、中小企業が減少しており外国企業に頼っていること、働き方改革で副業OKという政府の方針があり、本業をしながら起業をしてもよい時代になっているなど、今の社会の情勢を教えていただきました。

 クラウドファンディングで、担保も信頼もなくてもアイディアやプランで実際に1000万円・1億と資金調達ができる時代になっており、「君たちはめちゃくちゃツイている時代に生まれている」という話もありました。

 授業形式での講演で、生徒たちに質問したり、1500円のサッカーボールを5000円で売るにはどうすればよいかというワークショップをいれたりと、生徒達は恥ずかしながらも色々考えながら講演を聴いた様子でした。

 また、「何故大学・専門学校に進学するのか?何故就職するのか?」という問いに対して、自分や周りの人を幸せにするためが1つの答えで、人々を幸せにするために何をすればよいのか(=起業する目的)を考えることにより、勉強する目的や進学・就職する目的が見つかるのではないかと根本的に大事なことを考えさせられた気がしました。

 「起業」というと誤解を招くかもしれないが、起業というのはあくまで選択肢の一つであり、自己実現の一つであり、副業としてや定年後にするかもしれないというスタンスで考え、人生の選択肢を一つ増やすと人生が楽しくなるのではないかと最後に締めくくられました。

 谷岡様は関西ニュービジネス協議会の副会長であられ、八戸ノ里ドライビングスクールの代表取締役をされており、高校生の将来の進路選択において「起業」という選択肢があることを学ばせたいという思いで、さまざまな学校で講演されています。
 関西ニュービジネス協議会では、高校生への支援というよりかはニュービジネスに挑戦する企業・起業家が競うNBKニュービジネスアワード(U-19枠あり)を開催したり、社会人向けにさまざまな起業支援を取り組んでおられます。

一般社団法人 関西ニュービジネス協議会のHPはコチラ
 

infomation

  • 星城
  • 星城with ICT教育
  • LINE友達
  • 星城
  • 星城
  • 星城with ICT教育
  • LINE友達
  • 星城