部活動

陶芸部

2019-07-23

写真は、自動的にスライド表示されます
(ドラッグしてスライドも可)

 新入部員6名を迎え、『新生』陶芸部として作陶の基本を習得中です。
 1学期には、手動ロクロを使って紐つみ技法で、お湯呑みと一輪挿しを作りました。「作品成形→素焼き→釉薬かけ→本焼き」と、すべての工程を部員自らの手で行い、お湯呑みには自分の好きな色の釉薬をかけ、また、一輪挿しには、書き落とし技法を使って、好きな絵を描きました。
 この夏休みには、たたら板を使って作った箱に、象嵌(そうがん)技法で図柄を描いた作品を作る予定です。そして、長期休暇でないと作ることの難しい、少し大きな壺作りにも挑戦します。