受験生の方へ

高等学校授業料補助制度 (平成31年度)

国公私立を問わず、高等学校の授業料の支援として、県民税所得割額と市町村民税所得割額の合算額が507,000円(年収910万円程度)未満の世帯に国から就学支援金が支給されます。
また、兵庫県では、保護者が兵庫県在住であれば、一定の所得以下の世帯に授業料軽減補助があり、生活保護(生業扶助)受給世帯・市県民税所得割額0円の世帯に対しては、教育に必要な経費を支援するため奨学給付(52,600円~138,000円)が支給されます。

補助金額(年額)(平成30年度実績)

県民税所得割額と
市民税所得割額の合算額
(年収目安)
就学支援金
授業料軽減 年間合計
生活保護・0円
(250万円未満程度)
297,000
(月額24,750)
100,000  
87,000【注】
75,000【注】
397,000(特進Sコース)
384,000(特進A・Bコース)
372,000(キャリアコース)
~85,500円未満
(350万円未満程度)
237,600
(月額19,800)
95,000
332,600
~257,500円未満
(590万円未満程度)
178,200
(月額14,850)
54,000 232,200
~507,000円未満
(910万円未満程度)
118,800
(月額9,900)
0 118,800
507,000円以上
(910万円以上)
0 0 0

【注】生活保護受給世帯・市県民税所得割額0円の世帯に対する授業料軽減の上限額は100,000円ですが、本校の年間授業料が372,000円、384,000円、420,000円であるため、75,000円(キャリアコース)・87,000円 (特進A・Bコース)の適用になります。

申請時期

【高等学校等就学支援金】

入学時と7月の2回

【授業料軽減補助金】

7月頃

【奨学給付金】

7月頃

提出場所

神戸星城高等学校(事務室)

支給方法

①神戸星城高等学校が代理受領(生徒本人宛ではありません)
②就学支援金・授業料軽減補助金は授業料と相殺(手続きの関係上、1年生の就学支援金は6月23日
 からの振替分、授業料軽減補助金は12月23日の振替分での相殺)
③奨学給付金は決定後に振込

提出書類

高等学校等就学支援金受給資格認定申請書(入学時初回)
高等学校等就学支援金収入状況届出書(2回目以降)
授業料軽減申請書(7月時)

添付書類

次のいずれか (入学時は平成30年度、7月提出時は平成31年度)
課税証明書(原本)
市県民税特別徴収税額決定通知書(写)
市県民税納税通知書および課税明細書(写)
ただし、生活保護世帯の場合は生活保護受給証明書〈保護開始日および扶助の種類がわかるもの〉(原本)